頭の運動

問題No.2849 【推理クイズ】春鶯亭の牛騒動 【後編】

出題者:きいみ◆[2fa4132]

前編は
http://st.quizfan.com/qes/2848/

<後編>
最近では自宅から通う者も増えましたが、当時は住み込みが当たり前でした。
まずは師匠の身の回りの世話しながら、落語界のしきたりを覚えます。
そして見習い期間が終わると、師匠から前座名をもらい、
落語団体で承認を受け前座となります。
あたしは「春鶯亭牛楽」なんて名前をいただきました。
これで牛を食えば共食いだ、だから食っちゃいけねえというわけです。
ひでえ師匠でしょう? でも悪い気はしなくてね。口は悪いが温かい人でしたよ。
芸のことで悩んでいると、お前ちょっと付き合えと連れ出され、
真っ昼間からべろんべろんになるまで酒を飲まされるんです。
いっつも先に酔いつぶれるのは師匠でね。
酩酊した師匠を担いで帰るのも、弟子の務めでした。
でも、弱いのに飲むのは、弟子が遠慮しないようにとの心配りなんですね。
前座時代は師匠宅で食事もでますし、小遣いも戴けるので、
食べるのに困ることはありませんでした。
むしろ大変だったのは二ツ目になってからですね。
二ツ目というのはご存知ですか? ……そうです、前座と真打の間の期間ですね。
前座修行を終え、二ツ目になるとようやく噺家として人前で紋付の羽織を着て
落語をすることを許されるようになります。
あたしも寄席や落語会で口演すると、わずかながらも給金がもらえるようになりましたが、
仕事はほとんど無く、噺家として一番苦しい時期でした。
そのことを悟られないよう母への手紙は苦心しましたよ。
また、お客様もお行儀のよい方ばかりではありません。
目立ちたくて妙なタイミングで拍手する方、
顔も見えないほど深い帽子をかぶっている怪しい方。
ですが、どんなときも一切手を抜かず、口演させていただきました。
そのおかげか、お客様にもご贔屓いただいて、無事真打に昇進できることになりました。
そして、名跡をもつ四代目の許しを得、五代目、春鶯亭嘉楽を襲名させていただきました。
牛楽の名前も返上というわけです。
やっと一人前になった、そう思ったとき、ふっと頭に浮かんだのは両親の顔でした。
家を出て十四年、初めて実家に電話をかけると母がでました。
真打になったことを報告しに戻ります、そう告げると、
泣いて喜んでくれました。嬉しかったです。
明日の昼ごろ帰る、そう伝えると、『その時間、私は晩御飯の買い物に行っているが、
父が家にいてるので先に上がっていてくれ』と言われました。
さて当日、実家の前に着いたあたしは、おずおずと玄関の扉を開けました。
……柱に彫った丈比べの跡、古びた鳩時計、仏壇の白木の位牌。
久々の我が家は懐かしいような、それでいて少し違和感を覚えるような不思議な感覚でした。
父はあたしに背を向け、茶の間で新聞を読んでいました。
少し小さくなったその背中に向かって、あたしは勇気を振り絞って声をかけました。
『親父、おれ真打になったんだ』
父の返事は三文字でした。
『そうか』
ぐっと、胸が熱くなりました。
短い言葉でしたが、会話を交わしてくれたことが嬉しかったんです。
なんせ家をでてから、電話ですら会話を交わしたことがありませんでしたから。
ところがそのとき、ふと父の横顔が見えたんです。
その瞬間、あたしは心の臓をぎゅっと摑まれたような気持ちになり、
三泊の予定を変更して、母を待たず、荷物をまとめて帰ってしまいました。
……まあ、その次の日にまた実家に戻ってきたんですけれどもね。
今でも父には、そのときのことでからかわれますよ。

<問題>
文中の「あたし」はなぜそんな行動をとったのでしょう。
その原因となったものを問題文から抜き出してお答え下さい。


※ 問題中に使用されている人名、地域名、会社名、組織名、製品名、イベントなどは架空のものであり、実際に存在するものを示すものではありません。

解答する:

春鶯亭の牛騒動 【後編】への最新コメント

[27126] はじめまして!
 投稿者::OTO◆[f742c8f]#[正解者] 投稿日時: 2007-04-26 04:57:09
きいみさんの問題、これで全問制覇させていただきました。
いや、どの問題も素晴らしかったです! 謎解きと物語が絶妙のバランスですね! こういう、人の心の機微を推理するタイプの問題も大好きです。
なによりきいみさんは文章がとてもキレイですし、キャラクターも愛らしい人ばかりです。自分も解いた後で心が温かくなるような、そんな問題を出せるようになりたいですね〜……
ちなみにこの問題、最初はお父さんが涙を我慢して目が充血してたんだと思いました……きいみさんの問題は、そんな優しい推理をしたくなります。ありがとうございました!
[26049] (無題)
 投稿者::よち◆[a656af2]#[正解者] 投稿日時: 2007-04-16 12:48:48
伏線も多く、完成度の高いお話でした(;_;)
[26024] おめでとうございます!
 投稿者::きいみ◆[2fa4132] 投稿日時: 2007-04-16 00:43:06
>ぱるさん
おめでとうございます!
ぱるさんのコメント、
ひらがながとても美しいです。

>名無氏さん
そんなに大事に扱っていただけるなんて感激です!
名無氏さんを含め、落語にお詳しい方が多いので
冷や汗かいてます。血がにじむほどの努力がなければ、
人を惹きこむ芸はできないんでしょうね。
名無氏さんのご贔屓の噺家さんが、
これからも成功しますように……。

>あいちゃんさん
ありがとうございます!
推理作家、北村薫さんの《空飛ぶ馬シリーズ》には
落語家の名探偵が登場します。
落語の造詣も僕なんか及びもつかない程深いので
もし興味がおありならお薦めいたします。
[26018] ほんのり
 投稿者::ぱる◆[98a0e9c]#[正解者] 投稿日時: 2007-04-15 23:57:50
いい気分です。
ここちよい、春のかおり。
[25893] 待ってましたっ!
 投稿者::名無氏◆[df2f449]#[正解者] 投稿日時: 2007-04-14 19:47:44
と声をかけたくなりながらも、久し振りのきいみさんの問題すぐに手を付けるのが勿体なくて
さっきようやく開きました←貧乏性(笑)
いつもながら解けて納得あと口さわやかですね。

こないだある真打披露興行を見てきたばかりで、
彼も頑張ったんだろうな・・・とイメージをダブらせながら解きました。


コメントをもっと見る/書く

春鶯亭の牛騒動 【後編】の情報

問題作成日:2007-04-12
解答公開日:2007-10-12
正解率:4% (正解回数:264 解答回数:6258)

きいみさんの他の問題を見る


パスワード:  クイズ作成時に入力したパスワードを入力してください。   操作:

ログイン

お名前:
パスワード:
お名前の入力を省略


新規ユーザー登録

クイズ検索