頭の運動

問題No.23067 【推理クイズ】二重の人格

出題者:絢郷◆[120f5d7]

 精神科医である私のもとに、ある日、奇妙な依頼を持ち込む患者が現れた。

「先生お願いです。どうか、僕を殺さずに僕を殺してください!」

 聞いた当初は理解不能、無理難題だった。
 だが話を詳しく聞いていくうちに、その意味も理解することができた。

 この依頼人、二重人格者だったのだ。

 表向きは普通の凡庸な青年。何処にでもいそうなやせ型の、見るからに推しの弱そうなタイプだった。
 だがその裏の顔は、表とは対照的に、我がが強く攻撃的。短気ですぐに暴力沙汰ざたを起こしてしまうとか。

 今まで相当の苦労を重ねてきたらしい。

 そこでこの依頼人は、害にしかならない別人格を自分自身から切り離す方法、すなわち自分を殺す方法を私に求めてきたのだった。

「なるほど、全容はわかりました。では、もう少し詳しくお話ししていただけますかな。例えば、どのタイミングで別人格が現れるんですか」
「はい。アイツは僕が意識のない時、つまり僕が眠った後とかにたまに現れているようなんです」
「その時の記憶とかは貴方にはあるんですか?」
「ないんです。気がつくとアイツがやらかした痕跡とか見つかったり、周囲の人間関係が悪くなっているんです」
「なるほど……。ちなみにその彼とは会話はしたことあるのですか? その、脳内で」
「はい。私が起きている時に彼もたまに起きて、その時会話をしたりします。今は眠ってます」
「わかりました。では今その彼を起こして、話ができますか? 私が説得して懐柔できるならそれに越した事はないと思うのですが」
「いえいえそんな、悪いことは言いません先生。辞めといた方がいいです。アイツがそんなこと知ったらおそらく先生はただじゃ済まないと思います」
「んー……そうですか。わかりました。じゃあ仕方ありませんね。別の方法でなんとかしてみましょう」

 かくして私は、会ったこともない、なんなら実態のない存在の殺しの依頼を受けることとなってしまったのだった。

 そこで私は一つの装置を開発した。
 詳しい仕組みの説明は出来ないが、この装置を使えば人格を破壊できる。

 通常の人間に使えば、それこそ廃人を作り出すことが可能であるが、こと二重人格者に使えば、今回のような目的を達成することは出来るはずである。

 さっそく依頼人を呼び出した。

「この装置を頭につけてください。で、“彼”を呼んでください。彼を起こすことができたら、私は装置の電源をオンにします。それで彼は攻撃を受け、結果、消滅するはずです」
「先生、これでアイツが本当に死ぬんですか? というか、それで僕も死んじゃったりとかしないですか?」
「大丈夫です。覚醒している相手、すなわち表に現れた人格にしか効かないようになっています。なので彼と入れ替わった後は、眠るなり脳の奥に隠れるなりして避難しておいてください。あ、あと、あのあと“彼”と会話をしましたか?」
「話はしました。ただ普段話しているような内容だけで、この件については一切内緒にしています」
「わかりました。じゃあこれから適当な理由をつけて、彼を呼んでください」
「はい、かしこまりました。よろしくお願いします」

 そして青年は目を閉じた。数秒後、がくっと項垂れたかと思うと、不意に顔を上げた。
「君は、誰だい……?」

 私は恐る恐る問いかけた。
 目を覚ました目の前の青年は、明らかに雰囲気が違っていた。

「あ? なんだテメェ」

 鋭い眼光。不躾な態度。表情から体の動きにまで違いが見られた。

 別人格が現れたことは明白だった。

 しかし私は装置を起動させなかった。
 それは一つの可能性を試してみたかったからだ。
 私の言葉によって彼の人格を変えることは出来ないのかと。
 確かにこの装置を使えば問題は解決されるかもしれない。しかし、この装置は残しておきたいもう一つの人格に影響を与えるかもしれない。理論上は大丈夫なはずであるが、ゼロではない。使わないに越したことはないのだ。

 ゆえに私は依頼人に止められていたにもかかわらず、説得を試みた。

 だが数分話しただけで、もはや説得は不可能であると判断せざるを得なかった。

 裏人格はかなり攻撃的で、それでいて怜悧。やり手。暴力沙汰を起こしていたにもかかわらず今まで問題になっていなかったのは、相当に上手く行動していたからだろう。それがわかるほどの雰囲気が醸し出されている。巧たくみな話術から繰り出される口撃と、相手を見抜く洞察力はもはや別人と言っても過言ではなかった。

「俺を殺そうってんだな?」

 私たちが隠していた真相も見抜かれてしまった。かなりまずい。
 この以上は危険と判断した私は、すぐさま装置を起動させた。

 その瞬間、“彼”は苦しみもがきだした。

 数秒ののち、装置は自動停止した。
 彼は今、うなだれている。

「おい……大丈夫か……?」

 肩を揺すり、依頼人に呼びかけた。

「あ……先生……」
「無事かい? “彼”はどうなった?」

 依頼人はゆっくりと顔を上げ、目をパチクリさせた。

「はい。大丈夫……です。アイツは、いない……いない! いないくなってますよ先生! ありがとうございます!」

 彼は私の手を熱く握り、感涙していた。

 治療は成功したようだ。しかし、どこか私の心には引っかかりが残った。

 帰り際、依頼人はこれからのことを語った。

「先生、この度は本当にありがとうございました。今まで散々アイツのことで苦労してきましたけど、これでやっと解されます。先生は恩人です!」
「そんな恩人だなんて……」
「恩人ですよ先生。これからはアイツに振り回されてきたことを清算して、一からやり直したいと思います。俺、一生懸命頑張ります!」

 握手を求められ、私はそのまま手を差し出した。
「ああ、頑張ってくれたまえ」

 去っていく依頼人の背中を見送りながら、私は考えていた。

 果たして本当にこれでよかったのだろうか……?

【問題】
医者はこの依頼に失敗しています。その根拠となるキーワードを文中から二文字以内で抜き出して答えよ。


※ 問題中に使用されている人名、地域名、会社名、組織名、製品名、イベントなどは架空のものであり、実際に存在するものを示すものではありません。

解答する:

二重の人格への最新コメント

[220949] 感想
 投稿者::takkan◆[a661f88]#[正解者] 投稿日時: 2020-09-16 16:30:54
ま、失敗かどうかは依頼者の将来にかかっていますけれどね。
[220947] (無題)
 投稿者::凡◆[3acd374]#[正解者] 投稿日時: 2020-09-15 21:30:37
おもしろかったです。
[220945] (無題)
 投稿者::愛山雄町◆[c768274]#[正解者] 投稿日時: 2020-09-14 11:32:50
一発正解でした。
[220944] (無題)
 投稿者::ひろ◆[4fa1244]#[正解者] 投稿日時: 2020-09-14 09:07:37
ありがとうございました。
[220943] 一発
 投稿者::poi◆[7e128f1]#[正解者] 投稿日時: 2020-09-14 09:02:07
当たりました。


コメントをもっと見る/書く

二重の人格の情報

問題作成日:2020-09-13
解答公開予定日:2021-03-13
正解率:23% (正解回数:93 解答回数:401)

絢郷さんの他の問題を見る


パスワード:  クイズ作成時に入力したパスワードを入力してください。   操作:

ログイン

お名前:
パスワード:
お名前の入力を省略


新規ユーザー登録

クイズ検索