頭の運動

問題No.22756 【推理クイズ】ホテルの爆破計画

出題者:アリシア◆[10ad630]

アリシアの事件簿
こんにちは、アリシアです
今回は猫好きサークルとミステリー研究サークルの10人で旅行に行くことになりました
最初は問題なく旅行を満喫していたのですが、トラブルが発生しました
それは友人ボブとミス研の東海林(しょうじ)と一緒にエレベーターで部屋に戻っている最中のこと
「いやー、楽しんだね、アリシア」
1220と書かれたカードキーを指で回しながら、ボブは話しかけてきた
自分達はホテル内のバーで一杯やっていた
「なんで、お前達ばかりがナンパされるわけ」
あわよくばと思い、部屋番号を聞くなどのナンパをしていた東海林がまったく、相手にされず、普通に飲んでいた自分とボブには声をかける人がいたので、東海林は拗ねていた
「おい、東海林、酔って、部屋のカードキーを無くしてないよな」
「当たり前だろう」
東海林は1216と書かれたカードキーを出した
その時、不穏な爆発音が聞こえ、自分達が泊まっている階に出てみると焦げ臭い匂いがしていた
不運にもエレベーターを出た位置からでは、どこで爆発があったのか、わからないため、戸惑っていると、数十秒後、隣のエレベーターから従業員達が出てきて、すぐに自分達の部屋とは逆方向に向かった
「アリシア、ボブ、爆発音みたいなのが聞こえたけど、何があったの」
ジャージ姿の女性、ミス研のリーダー大野達、部屋にいたメンバーがこっちに来たので、自分で説明出来る範囲で説明した
「とにかく、こっちの部屋は大丈夫だから、あっちに行きましょう」
大野は従業員達が向かった方向を指さし、全員で行ってみると、一番奥の部屋と隣の部屋が派手に吹き飛ばされていた

その後、警察が来て、聞いた話では、被害者はこのホテルなどを経営している京極グループの次期後継者 京極隆弘(きょうごくたかひろ)で明日の会議のためにこのホテルの1201号室に泊まっていたという
爆弾が被害者の所に誰がどうやって、持っていったのか特定のため、被害者が泊まっていた12階の宿泊客に色々質問していたが、隣の部屋に泊まっていた秘書は最上階のバーで一人酒をしていたし、サークルメンバーはみんな寝ていたり、自室にいたこと、そもそも、全員が被害者の部屋とは反対側のため、有力な情報は得られなかったという
自分とボブと東海林も爆発時は別の所にいたことを話すと警察は落胆していた
警察から事件現場の保存と検証を理由に自分達と秘書、12階の宿泊客は皆、別の階へ移動することになった
被害者の秘書はどうやら、恋人でもあったらしく、大泣きしており、心配した女子達が部屋に彼女を招いた
「彼女には悪いけど、この事件は少なからず、ホテルは関与してるね」
大泣きをしていた秘書が大野の部屋に入ったのを見て、ボブはそう言った
問題 ボブがそう思った根拠は何か、抜き出しです
○○○の行動
不自然な○○○○
○には漢字が一文字
例 女秘書時限爆発


※ 問題中に使用されている人名、地域名、会社名、組織名、製品名、イベントなどは架空のものであり、実際に存在するものを示すものではありません。

解答する:

ホテルの爆破計画への最新コメント

[219313] なんとなく
 投稿者::なお◆[171b5a1]#[正解者] 投稿日時: 2019-07-13 06:51:47
当たりました


コメントをもっと見る/書く

ホテルの爆破計画の情報

問題作成日:2019-07-12
解答公開予定日:2019-08-12
正解率:28% (正解回数:44 解答回数:153)

アリシアさんの他の問題を見る


パスワード:  クイズ作成時に入力したパスワードを入力してください。   操作:

ログイン

お名前:
パスワード:
お名前の入力を省略


新規ユーザー登録

クイズ検索