頭の運動

問題No.22678 【推理クイズ】業界人ヒロシの絶望

出題者:もんもん◆[2393fa6]

「何故あの時俺は・・」
ヒロシは過去の自分を責めた
「確かにあの時の俺は平常心を保てていなかったがしかし・・」
後悔してももう全てが手遅れだった

ヒロシに救いの手を差し伸べる者など誰もいなかった
絶望したヒロシはその場に座り込んだまま立ち上がることも出来ない

天国から地獄とはこういうことを言うのだろうか
先程まで微笑んでいた幸運の女神がいきなり背中向けたように思えた

ふとヒロシは幼き日に聞いた父の言葉を思い出した
「ヒロシよ、もしお前が神に見放され、助けてくれる人が誰もいない時は自らの手で幸運を掴み取るしかないんだよ」

「ありがとう、父さん。そうだよな、やるしかないよな」


ヒロシは今どこにいるでしょう
漢字4文字で





※ 問題中に使用されている人名、地域名、会社名、組織名、製品名、イベントなどは架空のものであり、実際に存在するものを示すものではありません。

解答する:

業界人ヒロシの絶望への最新コメント

コメントはありません。

コメントをもっと見る/書く

業界人ヒロシの絶望の情報

問題作成日:2019-05-15
解答公開日:2019-06-15
正解率:5% (正解回数:15 解答回数:287)

もんもんさんの他の問題を見る


パスワード:  クイズ作成時に入力したパスワードを入力してください。   操作:

ログイン

お名前:
パスワード:
お名前の入力を省略


新規ユーザー登録

クイズ検索